1. TOP
  2. 事例・コラム
  3. 国土交通省により航空法施行規則の一部が改正し、ドローン等の飛行 規制が緩和されました。

国土交通省により航空法施行規則の一部が改正し、ドローン等の飛行 規制が緩和されました。

2021年9月24日に航空法施行規則の一部改正により、ドローン等の飛行規制も一部が緩和されました。改正された2つの規則をご紹介します。

この施行規則の改正のひとつは「ドローン等の飛行に係る許可・承認の見直し」です。
地上から強度が十分なワイヤーでドローンを係留し、かつ飛行範囲内への第三者の立ち入りを禁止するといった措置を講じた場合は、従来の航空法上は禁止されている5つの飛行形態について許可・承認を不要にすると変更されました。対象となる飛行形態は以下の5つが該当します。

【対象となる飛行形態】
・人口密集地上空における飛行
・夜間飛行
・目視外飛行
・第三者から 30m 以内の飛行
・物件投下

もうひとつは「ドローン等の飛行禁止空域の見直し」です。
地上150m以上の構造物の周辺においては、衝突の危険性があるので航空機の飛行は想定されません。そのため、今回の見直しにおいては航空法が禁止する地表または水面から150m以上の空域であっても、その構造物から30m以内の空域は飛行禁止空域から除外するというものです。この改正により、150mを超える煙突や鉄塔などの高い構造物の点検が可能になります。

これら2つの改正によって、ますますドローンはその利活用の場を広げることになるでしょう。特に点検分野においては、ドローンの使用による安全確保とコスト削減が浸透していくことが予想されます。
今後はさらにドローンの安全性が認められることで航空法の緩和が進み、高所や暗所などの危険箇所の点検はドローンの使用が当たり前になるでしょう。

国土交通省HPより改正版マニュアルをご覧いただけます。
https://www.mlit.go.jp/report/press/kouku10_hh_000201.html

セブントゥーファイブはこれまでもドローンを使用した空撮・点検・防災に携わってきましたが、ドローン活用の場が広がった今、より一層ドローン事業展開に力を入れてまいります。これまでに培った経験とノウハウをもとに、ドローンの次なる可能性でお客様のニーズに応え社会に貢献する企業を目指しています。

弊社のドローン事業にご興味のある方は、是非お問い合わせください。
ここをクリック!

社会の課題・ニーズに
「新しい価値」で応えるセブントゥーファイブ

お問い合わせはこちら