1. TOP
  2. 事例・コラム
  3. AI体温測定ソリューションパッケージを販売開始

AI体温測定ソリューションパッケージを販売開始

顔認証と同時に約0.5秒で体温検知 「AI体温測定ソリューションパッケージ」を販売開始
~ マスクを着用したまま発熱者を検知、新型コロナウイルス等の感染症拡大防止へ ~

エア・ウォーター株式会社(代表取締役会長・CEO 豊田 喜久夫、以下「当社」)は、顔認証と同時に体温検知を行う「AI体温測定ソリューションパッケージ」を4月24日より販売開始することになりましたので、お知らせいたします。
本パッケージは、日本コンピュータビジョン株式会社(以下「JCV」)が提供する体温検知、顔認証デバイスを利用し、当社グループ会社で顔認証ソリューションを提供する、セブントゥーファイブ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石井 克幸、以下「STF」)が開発しました。

体温測定時の画面イメージ

1.販売開始の背景と目的

新型コロナウイルスによる感染症拡大に伴い、オフィス、イベント会場、空港、学校など人々が集まる場所における出入口等での体温測定ニーズが高まっております。
本ソリューションパッケージを開発したSTFは2019年に当社グループ入りし、インフラ・プラントの点検等ドローン関連サービスや顔認証ソリューションを提供。当社グループの産業ガスプラント等の点検を手掛けるとともに、当社主要施設に顔認証による入館管理システムを導入しております。
このたび、JCVの顔認証・AI体温検知デバイスと赤外線サーモグラフィカメラを組み合わせた、高精度かつ高速な体温検知と顔認証が可能な「SenseThunder」をベースに、STFはソリューションパッケージを提供。SenseThunderは1.5mの距離でも約0.5秒での認識、±0.3℃の精度で体温測定が可能で、通行者のマスク着用有無や発熱者を検知することができます。また、最適化されたアルゴリズムにより、マスクを着用したままでも正確に顔を認識し、体温測定の状況はリアルタイムでのモニタリングや管理システムで個人と体温を紐づけて管理することも可能です。

2.「AI体温測定ソリューションパッケージ」の概要

(1)主な特長

※1:本製品は、薬機法で定める体温計ではありません。あくまでスクリーニングが目的であり、体温とは体温近似値を指し、体温測定は体表温を測定し、AIにより体温近似値に換算するものです。
※2:黒色の平面を一定温度に設定できる機器。サーモカメラの多くは精度を保つために黒体を用いた調整が必要となることが一般的

(2)販売目標

・100台(販売開始初年度、レンタル含む)

詳しくはこちら

社会の課題・ニーズに
「新しい価値」で応えるセブントゥーファイブ

お問い合わせはこちら