1. TOP
  2. 事例・コラム
  3. エア・ウォーター株式会社 安曇野バイオマスエネルギーセンター「トリジェネレーション事業」のPR映像を制作しました。

エア・ウォーター株式会社 安曇野バイオマスエネルギーセンター「トリジェネレーション事業」のPR映像を制作しました。

ドローンを使用した空撮映像はドラマや映画、バラエティー番組でもメジャーになってきました。しかし、実際に空撮映像を使用した映像制作を依頼するとなると、どこに頼めばいいかわからない企業も多いと思います。そこで、ドローン空撮が強みである弊社の映像制作についてご紹介します。

エア・ウォーター株式会社よりご依頼を受けた「トリジェネレーション事業」のプロモーション映像制作は、絵コンテ・シナリオ・ナレーションを一貫して弊社が担当しました。

まず、お客様に映像を使用する日を伺い映像の納品日を確定します。そこから、映像編集に必要な時間や撮影日、シナリオ確定まで逆算して日程を決めていきます。全体スケジュールが確定したら、映像の雰囲気や重点的に紹介したいことなどお客様のご要望をヒアリングし、シナリオに落とし込みます。シナリオの作成を終えたら各シーンに必要な映像や画像、ロケーションを確認し、撮影を担当するカメラスタッフやドローンパイロットと意見を共有します。撮影すべきものを洗い出した後、撮影日当日のスケジュールを組みます。ここまでの事前準備はしっかりと煮詰めるほど撮影日の段取りがスムーズになるため、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。

撮影日当日は、お客様にも撮影現場にご同行いただき撮ってほしい場所や物、イメージを都度お聞きしながら撮影を進めます。空撮や手持ちカメラで全撮影を終え、シナリオの各シーンに合わせ映像や画像を選びます。ここからは、アニメーションや効果を加えて映像を編集し、お客様とのご確認を繰り返しながら最終納品に至ります。この全工程を経て制作した「エア・ウォーター株式会社 安曇野バイオマスエネルギーセンター」のプロモーション映像は、ぜひ下記エア・ウォーター株式会社公式YouTubeよりご覧ください。

お客様によりご依頼内容は異なり、映像制作すべての工程を一貫してお任せいただくこともあれば、ドローン空撮で映像のみ納品してほしいと部分的に承ることもあります。映像制作のご依頼を考えられている方は、ぜひ一度弊社にお問い合わせください。

セブントゥーファイブのドローン空撮についてはこちらから
ここをクリック!

社会の課題・ニーズに
「新しい価値」で応えるセブントゥーファイブ

お問い合わせはこちら