1. TOP
  2. 事例・コラム
  3. 遠隔医療の普及を想定し、ドローンによる処方薬搬送の実証実験を実施

遠隔医療の普及を想定し、ドローンによる処方薬搬送の実証実験を実施

~ セブントゥーファイブ、過疎地域におけるドローン物流の実用化を支援 ~

 2022年2月17日、当社グループのセブントゥーファイブ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石井 克幸、以下「セブントゥーファイブ」)は、宮城県黒川郡大郷町、一般社団法人日本ドローン活用推進機構(JDUI)と共同で、通院困難者の遠隔医療を想定した、ドローンによる処方薬搬送の実証実験を実施しました。
 本実証実験は、環境省「社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術導入促進事業」の採択を受け、大郷町、JDUIと共同で搬送時間・コストの削減、二酸化炭素排出の削減といった効果検証を行いました。

宮城県黒川郡大郷町での実証実験の様子

実証実験の背景

 過疎化が進む地域では、病院までのアクセスが不便な場所に住んでいる人や高齢者の方々など通院することが困難な人々がオンライン診療を受け、診療後の処方薬の搬送をドローンで行うことが想定されています。
一方、物流業界では慢性的なドライバー不足が続いている中、自動運航が可能なドローンは特に中山間地での搬送や少量の物品搬送にメリットがあると考えられています。また、自動車の代替となることで、二酸化炭素排出量の削減への貢献も期待されています。

 大郷町では、現状、一部の患者さまは1日に数本の住民バスで通院していますが、電力のみで動くドローンを活用し、少量でもこまめに必要なものだけを搬送することで、大郷町内の物流の効率化・省エネルギー化を推進することを目指しています。
このように、病院までのアクセスの不便さや高齢者の方々など通院困難な方の課題、移動手段を含む物流効率の側面から、病院まで行かなくても診察から処方薬の受け取りまで完結することを目指し、実証実験を行いました。

実証実験の概要

 本実証実験は、オンライン診療とドローン搬送を組み合わせ、通院困難な人々がオンライン診療後に処方薬をドローン搬送で受け取るという想定のもと実施しました。町内の歯科医が自宅にいる患者をオンラインで診察し、その後、処方された薬をドローンによって約4.3km離れた患者宅へ搬送しました。ドローンは事前に飛行ルートをプログラムに組み込み、自動運航しました。
 本実証実験では、セブントゥーファイブが事前のリスクアセスメントを十分に行った上で、リスクを最小限に抑える飛行ルートを設定し、安全管理を行った上で実施しました。

ドローンに取り付けた配送ケースに処方薬を入れる様子

今後の取り組み

 2022年2月24日には青森県三戸郡五戸町でも同様の実証実験を実施する予定です。今後も、セブントゥーファイブは、ドローン活用を検討する自治体に対する技術導入支援を行い、過疎化が進む地域における課題解決に取り組んでまいります。


〈会社概要〉
■ 企業名   セブントゥーファイブ株式会社
■ 所在地   東京都新宿区大久保1-1-10 GUNKAN東新宿502
■ 代表取締役 石井克幸
■ HP     https://seventofive.co.jp/
■ TEL    03-6205-6190
■ E-mail   info@seventofive.co.jp

〈本件のお問い合わせ先〉
セブントゥーファイブ株式会社  担当:番匠
TEL: 080-4854-3971 E-mail: y.bansho@seventofive.co.jp


弊社のドローン事業にご興味のある方は、是非お問い合わせください。
ここをクリック!

社会の課題・ニーズに
「新しい価値」で応えるセブントゥーファイブ

お問い合わせはこちら