1. TOP
  2. 事例・コラム
  3. インフラ点検等に関するドローン飛行マニュアルの一部要領変更が国土交通省より発表されました。

インフラ点検等に関するドローン飛行マニュアルの一部要領変更が国土交通省より発表されました。

2021年8月27日、『国土交通省航空局標準マニュアル①(インフラ点検等)』と『無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領』の一部が改正されました。

『国土交通省航空局標準マニュアル①(インフラ点検等)』の改正により、これまでどのような状況下でもドローンの飛行時には補助者が必要だったことに対し、「第三者の立ち入りが厳格に制限されている」及び「リード使用やジオフェンス設定などにより、点検対象施設の敷地外へ機体が逸脱しないようになっている」状況に限り、補助者の配置なしでも飛行させることができるようになりました。

また、改正前は夜間の目視外は許可されていなかったことに関しても、前文の2つの対策「第三者の立入制限」「機体の逸脱防止」が徹底されていれば、対象施設敷地内の夜間目視外飛行も可能になりました。

上記の変更によりドローンの飛行環境や手段が広がるため、ドローンの操縦における規制が緩和された印象を受けます。

『無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領』には、有人航空機との接触を避けるための安全措置について飛行前の実施事項の詳細が補足されました。こちらは規制緩和ではないものの、ドローン飛行における規制としてドローン活用の場が広がる今後に向けた具体的なビジョンが見えてきたように感じられます。

国土交通省HPより改正版マニュアルをご覧いただけます。
https://www.mlit.go.jp/common/001396467.pdf

セブントゥーファイブはこれまでもドローンを使用した空撮・点検・防災に携わってきましたが、ドローン活用の場が広がった今、より一層ドローン事業展開に力を入れてまいります。これまでに培った経験とノウハウをもとに、ドローンの次なる可能性でお客様のニーズに応え社会に貢献する企業を目指しています。

弊社のドローン事業にご興味のある方は、是非お問い合わせください。
ここをクリック!

社会の課題・ニーズに
「新しい価値」で応えるセブントゥーファイブ

お問い合わせはこちら