1. TOP
  2. 事例・コラム
  3. ドローン市場の未来

ドローン市場の未来

現在、約140憶ドルのドローン技術の世界市場は、2024年までに3倍になると成長が見込まれているようです。※Forbes 2020/11/10記事参照

下記2015年に行われた『ドローンに関するアンケート調査』では「映像領域」が活用例実績の「空撮」と同じ領域を指し、一般的にドローンのイメージとして想像しやすい領域であるため期待と実績が共に上位に入っています。しかし、活用例で次に多くを占めている「測量」「点検」の2つに関してはアンケート上にこの領域を示すものさえなく、ドローンが活躍している領域として一般に知られていないことがうかがえます。「測量」に関しては、地上測量よりもドローン測量の方が短時間で広範囲を計測でき、航空機測量よりも安価な予算で実施可能です。「点検」も測量と同様に人の手では膨大な時間が掛かるのに対し短時間に抑えられるところ、そして何より人が侵入するには危険なところにも入り、人の代わりに点検をしてくれるところがドローンの担う大きな役割と言えるでしょう。

ドローンはそれぞれの作業に適した大きさや形がさまざまあり、実施環境や目的に合わせてドローンを選ぶところから仕事は始まります。セブントゥーファイブ株式会社は、ご依頼をいただいた案件一つ一つに適したドローンと作業工程を丁寧にご説明、ご提案させていただきます。産業ドローンに関して詳細をご存知ない方でも点検等にご使用されたい場合は、ぜひ弊社HPよりお気軽にお問い合わせください。

社会の課題・ニーズに
「新しい価値」で応えるセブントゥーファイブ

お問い合わせはこちら